FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート

昨日、ディズニーシー以来久々にデートをした。

都内某所で夕方待ち合わせ。

前日のメールで、先方から猫カフェ行く?との確認。
猫カフェは隠語でセックスのこと。
もちろん、猫カフェ行きますw

駅から歩いて数分のホテルへ直行。

お湯をはって、風呂でひとしきりイチャイチャする。
彼女が湯船で、俺を羽交い締めにして首から胸あたりをひとしきり舐め回してきた。

めっちゃ気持ちいい…

ベッドに移ってから、布団の中でイチャイチャする。
ありえないぐらいの勢いで、お互いの唾液を吸い合うディープキス。
彼女のちくびを触るとコリコリ。
やにわに、彼女が私にまたがり腰を振り始める。
驚くほどするっと入った。

しばらく彼女が私に覆い被さり、抱きしめあう形での騎乗位。これが一番幸福感を感じられるかも。

その後、彼女が身体を起こして上下に激しく揺れ始めた。私も負けじと腰を突き上げ、奥まで当てる。

今度は対面座位で抱き合いながら、突き続ける。クチャクチャといやらしい音が部屋に響く。
自分の下半身が、彼女の洪水でビショビショになっていることに喜びを感じる。

一度離れ、彼女を仰向けに。
彼女の股に顔をうずめる。
左手は彼女と繋いで、右手はちくびを転がしながら、丹念に優しく舐め回す。

気持ちいいのだろう、数分後ものすごい声を出して果てたようだ。腹筋がピクピクしている。
自分で言うのもなんだが、舐めるのは得意だ。

その後、唾液と愛液でカオスになったそこへ、正常位で埋める。

中が動いているのがわかる。
耐え難い。すぐにこちらがイッてしまいそうだ。
我慢しながら腰を振るが、彼女がいきそうになると、膣圧が高まるため本当に出てしまいそうになる。
危ないので、一旦抜いたり入れたりを繰り返しながら、とりあえず一発目を腹出し。

最近、亜鉛を飲み始めたせいか、めっちゃ濃ゆいのが出ている。

終わってから、少し休憩をしていると彼女の手がこちらへ伸びてきた。
軽いキスをしながら、胸に手をやるとすでにちくびが硬直している。

ちくびに舌を這わせ、あそこを手で優しく撫でるが、もうすでにグチョグチョだ。

もう入れてしまおう。

正常位で今度はこちらが彼女に覆い被さり、頭を押さえつけて腰を振る。
彼女は押さえつけられながらが好きらしい。
舌と舌を絡ませながら、突き続ける。
彼女が本当に感じている顔をしている。

締め付けがますが、二回目なので耐えつつ腰を打ち続ける。
不意に彼女が、

奥が気持ちいい…奥から引く時のカリの引っ掛かりがたまらない…

と絶叫した。

かまわず奥へ突き続ける。
彼女が何か卑猥な言葉を叫び続けているが、こちらも気持ち良さで脳がとろけそうだったので覚えていない。

知らないうちに、俺も叫びをあげていた。

限界を超えそうだったので、一旦抜いたが確かに知らぬ間に大声を出していた。

彼女が嬉しそうに、声聞いちゃったとか言ってるw

また入れ直して二発目を腹出し、一発目よりも勢い良く腹からこぼれてしまった。

明らかに、一発目よりも二発目の方が良かったのだが、こんなことは初めてかもしれない。

大体一発目で出し切って、二発目は気持ち良くなく不発で終わることが多いのだが、やはり亜鉛効果なのか。


その後は、2人で寿司を食べて帰りました。
02-18(Wed)08:18|おせっくす |コメント(-) |トラックバック(-)

プロフィール

ビーバップねっちょり

Author:ビーバップねっちょり
バイクと食べ歩きと変態プレイをこよなく愛するおっさんです。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。